生活に係る保険・法律・金融の知識満載!FP3級で学べる事を解説

資格

今回は社会人にオススメの資格「FP技能士3級」(以下FP3級)についてご紹介します。

FP3級を学ぶメリットは2つ。

生活にかかわる法律・金融の知識を得られる
資金計画を立てられるようになる

勉強すればよいのであって資格を取る必要はありません。

ただFP3級はそんなに難しくないので、取得を目指すのもよいと思います。

FP3級をすすめる理由

生活にかかわる法律・金融の知識を学べる

年金、保険、投資、税金、不動産、相続といった、生活にかかわる法律・金融の知識を効率よく学べます。

FP3級で学べるのは基本的なことのみですが、その知識があるのとないのとでは随分と変わってきます。

 

年金や保険の知識があれば、老後にもらえる金額、ケガ・病気をしたときの生活保障の金額が予測でき、さまざまなリスクへの不安を軽減できます。

投資や税金、不動産の知識があれば、資産形成の役に立ちます。

相続の知識があれば、両親や自分が年老いたときに向け準備すべきことが分かります。

 

勉強して特定の分野に興味が湧いたら、専門家を目指すのもよいでしょう。

税金なら会計士・税理士、不動産なら宅建士、相続なら弁護士・司法書士・行政書士、年金なら社労士という具合に、それぞれの分野には専門家がいます。

 

 

資金計画を立てられるようになる

「資金計画」とは、ある目標を達成するための収入・支出を含めた経済的な計画のこと。

例えば住宅を購入する場合の「資金計画」とは、単に購入に必要な費用のことではなく、今後の収入や支出、家族構成、住む場所、住宅ローンの返済などを考慮した総合的な計画のことです。

目標達成のため資金計画を立てることを「ファイナンシャル・プランニング」といい、その専門家が「ファイナンシャル・プランナー」(略して「FP」)です。

FP3級では「資金計画」の基本が学べます。

精度の高い「資金計画」を立てるには、より難しいFP2級・FP1級の勉強が必要です。

 

 

 

FP3級の勉強で学べること

1.ライフプランニングについて
2.社会保険と民間保険
3.金融に関する基礎知識
4.所得税について
5.不動産に関する基礎知識
6.相続について

 

 

ライフプランニングについて

価値観や信念に基づき、どう生きるか考えることを「ライフデザイン」といいます。

人生では「ライフデザイン」に従い、様々な決断を下すことになります。

自分は何をしてお金を稼ぐのか。

パートナーや子供を持つのかどうか。

ケガや病気になったらどうするのか。

老後はどうやって暮らすのか。

このような決断をする場合「何歳でどうなりたいか」といった人生設計をしておくと迷いを減らせます。

その人生設計を「ライフプラン」といい、「ライフプラン」によって明確になった目標を達成するために資金計画が必要になってきます。

「ライフプランニング」においてFPが行うのは資金計画を立てること(ファイナンシャル・プランニング)であり、そのために必要な知識が学べます。

具体的には
・教育ローンの種類
・住宅ローンの種類、金利
・老後の生活資金の計算方法
などです。

 

 

社会保険と民間保険

社会保険の給付内容・受給資格の要件などについて学べます。

社会保険とは公的保険ともいい、政府や公法人が管掌する保険のこと。
※管掌…自分の管轄の仕事として監督し取り扱うこと

公法人では全国健康保険協会(協会けんぽ)などが有名ですね。

具体的には、労働者災害補償保険(労災保険)、雇用保険、介護保険、健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度、国民年金、厚生年金のことを指しています。

 

また民間保険の種類、保険料の仕組み、主な商品の特徴について学べます。

民間保険とは私的保険ともいい、民間の保険会社が運営しています。

民間保険には

生命保険会社が取り扱う「生命保険(第一分野)
損害保険会社が取り扱う「損害保険(第二分野)
生命保険会社・損害保険会社の双方が取り扱う「第三分野の保険

の3種類があります。

その他私的保険にかかわる法律(保険法、保険業法など)について学べます。

 

 

金融に関する知識

金融商品の特徴や仕組み、リスクについて学べます。

金融商品とは銀行や証券会社などが提供する商品で、「安全性」「収益性」「流動性」の基準で評価されます。

おもな金融商品

預貯金 元本の支払いが保証されており、いつでも現金化ができる、安全性の高い金融商品。銀行に預けるた場合「預金」、ゆうちょや農協に預けた場合「貯金」になる
債券 国や地方公共団体、企業などが、資金調達のため投資家などに発行する有価証券
株式 株式会社が資金調達のために発行する有価証券
投資信託 投資家から集めた資金を一つにまとめ、それを投資の専門家が株式・債券・不動産などに分散投資を行い、得た利益を投資家に分配する金融商品

 

他に基本的な経済用語(GDP、景気動向指数、日銀短観など)や金融にかかわる制度(預金保険制度など)、金融にかかわる法律(金融商品販売法など)についても学べます。

 

 

所得税について

所得税について基本的な知識を学べます。

とくに所得税の計算の流れは知っておいた方がよいでしょう。

①所得を10種類に分類(利子所得、給与所得、事業所得、雑所得など)
②課税標準の計算(10種類の各所得を一定のものを除いて合算)
③所得控除(基礎控除、配偶者控除、社会保険料控除など)
④税額の計算

所得税の知識があれば、確定申告をする際にも役立ちます。

 

 

不動産に関する知識

不動産売買のポイントとなる民法上の知識をいくつか学べます。

手付金 不動産の売買契約の際に、買主から売主に支払われる金銭のこと。FP3級では当事者に解約権を留保する「解約手付」についてあつかう。
危険負担 建物の売買契約が成立後、引渡し前に、天災などの売主の責めに帰することがない(責任がない)事由によって建物が壊れたり無くなったりした場合、代金の支払いはどうなるのかといった問題のこと。
瑕疵担保責任 売買した物件に、通常の注意を払っても発見できないような欠陥(瑕疵)があった場合、売主が買主に対して負う責任のこと。

 

また不動産にかかわる税金の全体像が学べます。

不動産を取得・保有・売却・賃貸したときにも色々な税金がかかります。

例えば取得時には不動産取得税や消費税、保有時には固定資産税、売却時・賃貸時には所得税や住民税といった具合です。

 

そのほか土地の価格の種類不動産登記の構成・効力不動産に関する法令(借地借家法、建築基準法など)について学べます。

 

 

相続について

相続について基本的な知識を学べます。

・相続とは何か
・相続人の範囲
・各相続人の相続分(相続する割合)はどれくらいか
・相続税について

 

そのほか贈与税の基本、相続するもので金銭以外のもの(宅地、家屋、株式など)の評価について学べます。

 

 

FP3級では「資金計画」や「生活に係る法律・金融の知識」を効率的に学習できます。

人生で直接的に役に立つ知識が欲しい方におすすめです。

 

 

FP以外で、社会人におすすめの資格を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

 

 

広告
タイトルとURLをコピーしました