数学の教育系Youtuberおすすめ5選 Youtubeで数学を勉強しよう!

学問

今回は私がよく見ている数学の教育系Youtuberをご紹介します。

※この記事は2019年2月に公開し、2020年12月に加筆・修正したものです。

数学の教育系Youtuberオススメ5選

予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

Youtube
予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

Youtube(サブチャンネル)
ヨビノリたくみの自習室

公式サイト
予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」【Yobinori】Official Website

主な動画の内容大学生向けの数学・物理の授業動画
高校生向けの理系科目(数学・物理・化学)の授業動画
◇他のYoutuberとのコラボ、雑学など

通称「ヨビノリ」。

運営者は「たくみ」さんと「やす」さんの2人。

たくみさんは、東京大学大学院卒の元予備校講師で、全ての授業を一人で担当されています。

やすさんは、元東京工業大学大学院生で、動画の編集や公式サイトの作成をされています。

チャンネル登録者は50万人を超えており、今もっとも勢いのある教育系youtuberといってよいでしょう。

 

メインは大学数学・大学物理の講義動画。

「予備校のノリ」の言葉どおり、正しい知識を分かりやすく伝えることに重点が置かれています。

CHECK!【再生リスト】線形代数
【再生リスト】解析学
【再生リスト】確率統計
【再生リスト】代数学

高校生向けの授業も提供されています。

現役の高校生だけでなく、私のように高校数学の範囲からやり直している社会人にとってもありがたいですね。

 

数学は少し苦手という方に向けた動画もあります。

その中でもオススメなのが「中学数学からはじめる」シリーズ。

「中学数学からはじめる微分積分」では、数学的知識のない若いインフルエンサーたちに授業が行われます。

「関数」とは何か、「グラフ」とは何か、といった微分積分の理解の前提となる基礎知識から説明されるので、高校以降、数学を勉強してこなかった方でも微分積分の基本がつかめます。

また「中学数学からはじめる微分積分」「中学数学からはじめる確率統計」は書籍化もされています。

 

2020年2月、たくみさんが文部科学省で講演をされました。

講演で語られたのは『ヨビノリ』を立ち上げた目的で、それは「理系の理系離れをふせぐ」というもの。

素晴らしい内容なので、一人でも多くの人に見ていただきたいです。

 

月額制クラウドファンディングもされているので、「もっとヨビノリの動画を見たい!」という方は以下のリンクから支援しましょう。

 

 

 

Masaki Koga

Youtube
Masaki Koga

Youtube(サブチャンネル)
Masaki’s MathSake Channel

公式サイト
Essential Mathematics Masaki koga’s Website

主な動画の内容◇大学数学の講義
◇難関大の入試問題(数学)の解説
◇高校数学の解説など

運営者は「古賀真輝」さん。

京都大学理学部を卒業後、京都大学大学院に進学。

現在は大学院で研究するかたわら、中高一貫校で教員をされています。

 

大学数学の講義をはじめ、議論の正確さを重視したハイクオリティな数学動画を提供されています。

大学の入試問題(数学)の動画では、東大、京大、一橋大、東工大といった難関大学の問題を解説されています。

入試基礎 ワンポイント演習」では、大学入試への橋渡しとなるような、高校数学の各分野における基礎的な問題の解説をされています。

CHECK!【再生リスト】入試基礎 ワンポイント演習

 

2019年10月から「今週の定理・公式」と題して、高校・大学で学ぶ定理や公式の証明動画を毎週アップされています。

毎週金曜日18:30に投稿されるので、定理や公式を本質的に理解したい方はチェックしましょう。

CHECK!【再生リスト】今週の定理・公式

 

おすすめは、現在、大学などで研究されている数学の主な分野を紹介した動画。

「数学の世界地図」ともいうべきもので、「数学」という学問の全体像をつかめます。

動画のコメント欄にもありましたが、大学などの最初の授業(ガイダンス)で流してほしいですね。

 

古賀さんが動画を作る上で大切にしているのは「間違ったことを教えない」ということ。

古賀さん曰く

「数学は論理の厳密性・正しさを追求する学問であり、間違ったことを教えてはならない」

「数学は論理的に正しい議論が大切」

なのだそうです。

そのため「分かりやすさ」より「正しさ」にこだわった講義・解説になっています。

実際は「正しさ」優先でも十分わかりやすいですね。

 

論理的に正しい数学を学びたい方におすすめです。

 

 

 

鈴木貫太郎

Youtube
鈴木貫太郎

公式サイト
鈴木貫太郎 公式ウェブサイト

主な動画の内容◇中学・高校・大学の入試問題(数学)の解説
◇数学の公式・定理の解説
◇数学に関する雑学、他のyoutuberとのコラボなど

運営者は50代の「鈴木貫太郎」さん。

早稲田大学中退の元塾講師。

精力的に活動されており、現在のチャンネル登録者数は12万人超え。

ホワイトボードを使って淡々と解説されるのですが、基本的にノー編集で字幕やSEもなく、一言でいえば“Youtuberらしくない”動画です。

ほぼ毎朝6:30に、大学の入試問題の解説動画を投稿されています。

印象的だったのが一橋大学の過去問動画。

不等式を使って鮮やかに解答されています。

解説では「なぜそうなるのか」といった本質的な部分が重視されており、公式をそのつど導出されることも。

そのため動画を見れば類似問題や応用問題にも自然と対応できるようになると思います。

 

おすすめは『光文社新書「中学の知識でオイラーの公式がわかる」』のシリーズ動画。

中学・高校数学の範囲で時間を掛けて丁寧に解説されており、私はこれでオイラーの公式が理解できました。

上記のシリーズ動画は本にもなっていてamazonでの評価も上々。

動画と併用することで、より理解が深まります。

 

最近は趣味の一つである将棋の動画を積極的にアップされています。

対局や詰将棋の動画が多いですが、おすすめは藤井聡太二冠が渡辺明三冠との棋聖戦第二局58手目で指した「3一銀」の解説動画。

「将棋ソフトのAIが6億手以上読んで、ようやく最善手として現れる手」というニュースにもなった一手ですが、その凄さを数学的に解説されています。

 

他のYoutuberとのコラボも積極的で、毎月月末になるとヨビノリの「たくみ」さん、東大卒Youtuber「もっちゃん」さん、その他のゲストと共に「よっぱLIVE」というライブ配信をされています。

「よっぱLIVE」と同時に行われるのが、たくみさんやゲストによる難関大入試の過去問解説、もっちゃんさん&貫太郎さんによる中学~高校数学の定理・公式の解説

もっちゃんさん&貫太郎さんの解説動画は、一つ一つ積み上げていくような貫太郎さんの解説が見どころです。

コメント欄では貫太郎さんとは違った解法も示されているため、コメントもチェックすればより勉強になると思います。

 

 

 

式変形チャンネル

Youtube
式変形チャンネル

Youtube(サブチャンネル)
Goya Hideki
ジーセン 授業準備

公式サイト
すうがくブログ

主な動画の内容◇大学数学などの解説
◇数学検定1級・教員採用試験の過去問解説
◇短時間で解ける数学クイズ、高校数学演習など

運営者は「呉屋 秀樹(ゴヤ ヒデキ)」さん。

琉球大学から九州大学大学院に進学し、卒業後は都内で高校教員をされていました。

自身の数学のレベルを高めることを目的として、2018年10月から動画を投稿されています。

大学数学の範囲や数検1級の問題を扱っているため、一見すると難しく感じられますが、高校数学程度の知識があれば理解できるように丁寧に解説されています。

 

数検1級や教員採用試験の過去問動画は、呉屋さんの解説の上手さも相まって人気のコンテンツとなっています。

紹介されている数検1級の問題はシンプルながらも奥が深くて楽しめます。

 

高校生向けの動画も数多くアップされています。

相加平均・相乗平均・調和平均を解説した動画は、3つの平均を図示することで視覚的に理解できて分かりやすいですね。

 

短時間で解ける数学クイズ「1分間クイズ」は図形問題が多く、簡単そうに見えて図形の性質を理解していないと解けないような良問が揃っています。

CHECK!【再生リスト】1分間クイズ

 

個人的に好きなのがお笑い系の動画。

質の高い数学動画をアップする一方で、下記のような笑いに振り切った動画を出すのが呉屋さんの素晴らしい所だと思います。

 

高校の教員をされていただけあって解説が分かりやすいです。

学生はもちろん、数学好きの社会人にもおすすめです。

 

 

 

環耀の数学

Youtube
タマキ/環耀の数学

主な動画の内容◇身近なものを題材にした定理・問題の解説
◇ラマヌジャンに関する数学動画
◇数学オリンピック・AIMEの過去問解説など

運営者は大学院生の「環耀」さん。

高度な大学数学から中学生でも分かる数学問題まで、幅広く取り扱われています。

CHECK!【再生リスト】位相幾何学(トポロジー)
【再生リスト】バナッハ=タルスキの定理
【再生リスト】数学オリンピック

 

授業スタイルはホワイトボードを使ったオーソドックスなものですが、注目すべきは作図の上手さ。

超難問といわれた2019年の東工大の入試問題の解説動画では、高い作図能力がいかんなく発揮されています。

CHECK!【再生リスト】2019東工大前期数学大問4

 

おすすめはラマヌジャンに関する動画。

ラマヌジャンは「インドの魔術師」の異名をもつ数学者で、正式な数学の高等教育を受けていないにもかかわらず、数々の定理・公式を発見した天才です。
※正確にはラマヌジャンが発見した「数式」を他の数学者が証明して「定理・公式」になりました。

中には「どこからこんなものが出てきたんだ」というような複雑な公式も存在します(興味がある方は「ラマヌジャン 分割数」で検索)。

神秘的ともいえる彼の発想は、後の数学者たちの偉業につながっています。

 

フィボナッチ数列の和が-1になることを、解析接続を使って解説されています。

環耀さんの動画の中で最初に視聴したのがこれなのですが、解説の上手さに感服して他の動画もチェックするようになりました。

 

個人的に好きなのがドラえもんの四次元ポケットの原理を数学的に解説した動画です。

ドラえもんという身近な題材を使い「四次元とはどういうものか」を分かりやすく説明されています。

 

数学の面白さ・奥深さを知ることのできるチャンネルです。

 

 

 

今回は私が頻繁にチェックしている5名を紹介しましたが、数学の動画をあげている教育系Youtuberはまだまだいます。

今回紹介しきれなかった中で、個人的にチェックした方がよいYoutubeチャンネルを挙げておきます。

『AKITOの特異点』

運営者は東大卒のYoutuber「AKITO」さん。

「高校数学と大学数学の架け橋」と題して、高校数学の内容を大学数学の視点から解説する動画を投稿されています。

また難関大学の入試問題(数学)の解説もされています。

論理の厳密性は数学系Youtuberの中でもトップクラスで、数学好きなら登録して間違いないでしょう。

 

『お笑い数学教師♪タカタ先生』

運営者は東京学芸大学出身の芸人「タカタ先生」(吉本興業所属)さん。

コンビ「タカタ学園」として活動するかたわら、中学生向けスマホ塾『スタフリ』の講師をされています。

面倒な計算が簡単にできるオリジナルの計算方法や、数学をテーマにしたお笑い系の動画をアップされています。

『スタフリ』とは、Youtubeで授業を配信する中学生向けのオンライン塾。

全ての授業が無料で受けられ、現在は中学校の範囲の英語・数学の授業動画をアップされています。

気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

Youtube
スタフリ 数学:タカタ先生 英語:ダイジュ先生

 

『MT [数学・Maths Channel]』

運営者は「MT」さん。

数学を楽しむため、数学の面白さを多くの人に伝えるため、2019年9月から動画を投稿されています。

難解大学の入試問題の解説、定理・公式の解説がメインです。

論理や本質を重視した解説で、とても参考になります。

 

『Mathematics Monster』

運営者は元予備校講師の「杉谷 瞬」さん。

難関大学の数学の入試問題を解説されています。

動画のクオリティは高いのですが、2016年6月を最後に動画は更新はされていません。

いつか投稿を再開していただきたいですね。

 

今やYoutubeで勉強できる時代。

数学が好きな方は、ぜひ今回紹介したYoutuberの動画をチェックしてみてください。

 

広告
タイトルとURLをコピーしました